Home > 入院中に感動したこと

入院中に感動したこと

出産

入院中の感動した出来事といっても、私の場合は出産での入院中の出来事です。
まず、子供を出産するというのは本当に壮絶で想像しているよりもはるかに大変だということを、自分自身が経験してこそわかることだと思います。

それと同時に、自分の母も同じ経験をしたんだなという感動もありました。
私は里帰り出産をしたのですが、その時の入院中には、実の母が毎日お見舞いに来てくれて、私の身の回りのことをしてくれていました。入院中何日かたってくると、母乳育児へ向けた指導もされるようになりました。すべてが初めてのことなので、すごく大変だったことを思い出します。

しかし、そんなときには育児経験者の母が相談にのってくれて、いろいろとアドバイスをしてくれていました。
大変な入院中ではあったのですが、母がいてくれたこと、励ましてくれたことを思い出すといまでも、
すごく感動するし、感謝でいっぱいです。

これから、まだまだ育児をしていかないといけないのですが、育児の先輩の母がいるので心強いです。

明るい患者さんたち

私は約6年前、子宮筋腫にかかり手術のため10日ほど入院していました。
めったに病気にならない為、もちろん入院も初めてでしたので不安でいっぱいでした。

入院した病院はとてもきれいで落ち着いた病院で、先生はもちろん看護師さん達も優しい方
ばかりでした。

入院中に感動したことは入院中というのは、結構孤独なもので病気になった
自分を責めたり仕事も休んだ事で周りに迷惑をかけているので、なんだか精神的に落ち込ん
でいました。当然、病院だから人見知りだししゃべる人も出来ないだろうとおもっていまし
た。

でも入院中の患者さん達は、みなさん気さくで病気の事もあっけらかんと話していてすごく
救われました。特にみなさん食事の時間が楽しみなよう食堂はそれは騒がしかったです。
病院のご飯も思っていたより美味しかったです。

その次に、入院中に感動したことは
これはどこの病院でも行われている事だと思うのですが、全身麻酔を受ける際自前に
直接麻酔科の先生が病室まで説明に来られました。私は、喘息の持病があるので
心配でしたが安心しました。女性の先生でとてもかっこよかったです。